日栄インテックの活躍

LED照明や太陽光発電システムを手がける日栄インテックですが、近年では深刻な電力不足による計画停電や環境保護を目的とした消費エネルギーの削減への取り組みなどによって、多くの地域や場所で日栄インテックの技術が活用されています。

最近では大手コンビニチェーンが発電事業に参入すると発表しました。

国内のコンビニエンスストア店舗が太陽光発電システムを設置し、店舗の照明や空調に使う電力を賄うほか、発電した電力の一部をその地域の電力会社に販売する仕組みを取り入れようになるとされています。

全国のコンビニの店舗数を見てみても、1万店舗超えており、大きな供給が出来るのではないかとされています。

コンビニのほかにも大手IT企業や銀行が太陽光発電システムの導入を視差しており、今後も多くの企業や店舗が太陽光発電などの事業に参入するとされており、増々電力の需要と供給に関しては、大きく考え方が変わってくるのではないでしょうか。